2019年度 4R1Z ゾーン・チェアパーソン L.太田一正

2019年度 334-A地区
4R1Z ゾーンチェアパーソン

太田一正

2019年度 年間活動基本方針

社会奉仕活動

 平成から元号が代わり令和元年、最初のガバナ-方針が発表されました。
 ZCの任務は、クラブがその会員と地域社会双方のニ-ズを満たし、国際協会の会則と方針の範囲内で活動し、地区が提供する支援を認識し、向上と継続的な発展を目指しようにする事です。
 そして、LCの活動状況・意見等々をキャビネットへ報告し、所属クラブが共に健全で発展的であり続けるためのアシスタントでありサ-バントとしての役割であります。
 この1年皆様の絶大なるご協力を頂きガバナ-方針を達成できる様努めて参りたいと思います。

今年度334-A地区ガバナ-・キャビネットの重点目標

1.会員増強 20%以上

2.女性会員・家族会員の増強 100%以上

3.アクティビティの再検討を促し、地域社会のニ-ズに合ったアクティビティを考えて
  頂き、ゾ-ン合同・クラブ合同も視野に入れたアクティビティを計画して費用等の軽
  減を考えてみよう。

4.JCIF献金目標~1,300,000$以上

5.目まぐるしく変化する社会情勢にクラブ予算を見直しクラブメンバ-の負担の軽減を
  考えてみたらどうか?

ガバナー・キーワード “原点回帰”

社会奉仕活動が出来る事に感謝し、そして各クラブが健全であり続ける事が出来る様、皆様の力を借りながら一生懸命努めて参ります。

基本方針に伴う年間計画

1)キャビネット会議、リジョン会議及び地区内諸会議への出席

2)ガバナ-諮問委員会の開催(8・12・3月)年間3回を予定

3) ゾーン会議(各クラブ三役・会長連絡会)準備1回・年4回

4) 7月~8月、地区内諸団体への表敬訪問(各クラブ会長・幹事と共に)

5) 7月~9月、ゾーン内各クラブ例会訪問(各地区委員と共に)


8CLUB 合同会報誌

  • 334-A4R1Z合同会報2019年7月号
  • 334-A4R1Z合同会報2019年8月号